たくさんの准看護師が活躍しています!

准看護師という資格について

准看護師とは看護師や医師のサポートを行う役割の方を指します。近年良く言われている看護師の人員不足を補うために設けられた制度で、看護師が国家資格なのに対して、准看護士は都道府県知事免許という扱いになります。

学歴や実務経験が短くても看護師業務を行う事ができ、早い段階で看護師になる事ができるのがメリットです。看護師になりたい方でも金銭的に負担になる方や、早く看護師として働きたいという方には良いでしょう。

デメリットとしてはその知識や経験の面から、看護師よりも給与、待遇面は低めになりがちという事です。長い目で見るとやはり看護師の方が最初は大変でも、後々の収入は多くなり、良いと言えるでしょう。

ただし准看護士の方でも看護師への道は閉ざされている訳ではなく、中学校を卒業してから准看護士になった方は3年間務めると看護学校を受験 する事ができるようになります。看護学校で看護師のための勉強をし、試験に合格すると看護師になる事ができます。

この場合は仕事をしながら学校に通う事は難しくなるため、その期間は休職という形になります。もし学校に通うのが 難しいという場合は、准看護士として10年間働くと、通信教育で看護師の資格を摂れるようになります。

かなり長い 道のりにはなりますが、こういった道もあります。現在はこういった准看護師から看護師へのステップアップへの道が 整備されてきており、今後の流れとしては看護師に統一されていくのではと見られています。

仕事の内容も看護師の業務が医療分野にもまたがるようになってきており、業務の高度化が進んでいます。そのため、 准看護師も看護師と似た仕事を行っているというのが現状です。そのため、給与格差に納得がいかないという方がいる のも事実です。

早い段階で准看護士として働くのか、頑張って学校に通って看護師の資格を取ってから働くのか、どち らが良いのかをよく考えて選択する事が、今後の看護師人生のためにはとても大切です。

看護師がフィールドナースとして仕事する場合の資格

製薬会社や医療機器メーカーに入って看護師が仕事をするフィールドナースですが活躍するシーンはとても幅広いです。 あなた自身が持っている経験や資格や高度なスキルを活用して仕事ができる職業でしょう。

自分に合わせて業務を選ぶこともできます。 やってみたい業務を目指して自分を高めることもできるのです。 あなたがフィールドナースとして何をしたいのか?――これを明確にして資格取得を考えるといいと思います。

ここでは、看護師がフィールドナースとして仕事する場合の資格について考えてみましょう。

必須の資格は「看護師資格」ですが、これはフィールドナースの仕事には共通して必要です。 看護師資格は必要最低限度の資格です。 だから<あなた自身の自己PRする武器にはならない>のです。 これは病院など医療機関で仕事をする病院看護師でも同じです。

一般企業に勤務するのがフィールドナースです。 業務内容はとても広範囲です。 「臨床モニター」とか「治験コーディネーター」という医薬系の仕事もあります。

企業の健康管理室で社員の健康管理業務をすることもあります。 医療機器メーカーの一般業務をするケースもあるでしょう。 だから、あなたが就職を希望する会社がそういった資格を求めているかを探って資格取得しておくとことが大切です。

健康管理室勤務を希望するならばストレスケアに力をいれている会社の可能性があります。 「企業中間管理職ケアストレスカウンセラー資格」や「保健師資格」を持っておけば優遇されるのは間違いありません。

特に外資系の企業ではフィールドナースに英語力を期待しています。 ビジネス英語に堪能であったり、海外留学経験があれば英語力を活かすのもいいでしょう。 好条件で仕事ができるチャンスがあります。

外資系企業が多いのは医療機器メーカーでしょう。 取り扱う機器類の説明書は英文で記載されていることも多いです。 本社とのメールのやり取りや電話では英語が使われることが日常茶飯事です。

<TOEIC××点以上>という採用条件があるケースも見かけます。 高い英語力は必須となっているのです。 英語の資格はフィールドナースとして幅広く活躍するには強い武器になると思います。

↑ PAGE TOP