日勤常勤看護師のキャリアアップについて

日勤常勤看護師の給料

看護学校で医療知識や技術を学んだ後、晴れて国家試験に合格して看護師となる訳ですが、その初任給はどのくらいなのでしょうか?ちなみに、同じ医療現場で働く医師の初任給の平均額は、38万円と他の職種の初任給と比べて最も高くなっています。

看護師の初任給は、勤め先や規模によっても若干差があり、大規模病院ではおよそ20万円強で、それ以外では20万円弱ほどのようです。 こうして見ると、医師の初任給との差は歴然としていることに驚かされます。

しかし、現在、医療現場における看護師の人手不足は深刻で、将来的にますます需要が増すと思われます。 そのため、今後待遇は改善されて行くことが予想され、初任給も今より高額になることが期待されます。

看護師全体の平均月収はと言うと、厚生労働省の調べによると32万円ほどになります。 ボーナスを含んだ平均年収では、469万円ほどになります。 この不況の世の中で、この所得は高額な方だと言えるのではないでしょうか。 しかも、看護師の男女比は9:1で女性の方が多くなっています。

勤続年数を重ねて、キャリアを積んだとしても、女性で平均年収が400万円を上回る職種と言うのは、そうそう他にはないと言えます。 高度経済成長期は、日本の経済は物作り産業が支えていました。

現在ではこれらの産業はいずれもが、円高の悪影響も重なって、低迷を続けています。 今後は、環境産業や高齢化社会に向けてニーズの高まる医療や老人福祉産業が期待される産業とし挙げられるます。

今後日本では、少子高齢化の影響で、老人の人口がますます増加して行くことが見込まれています。 そうなってくると、老人福祉産業や医療産業は、長期的に多大な需要の増加が考えられ、さらに発展していくと思われます。

看護師の活躍の場である医療産業、老人福祉産業界の活性化により、ますます看護師のニーズは高まることは間違いないでしょう。 そうなれば、給与面でもさらなる好待遇が期待できるのではないでしょうか。

糖尿病認定看護師の活躍

年々糖尿病の患者が増えてきて、この問題が取り上げられる機会も多くなりました。 認定看護師にも糖尿病の看護を専門とする人がいます。 糖尿病になると生活全般を管理する必要が生じますが、その大切さを患者さん本人に分かってもらわないと改善することは難しくなります。

食生活を改善したり生活習慣を改めることが大切なのですが、糖尿病の認定看護師はそうした指導も行います。 患者さんに指導するのはもちろんですが、その家族にも指導することがあります。 生活を共にする家族の影響はとても大きいからです。

またこれまでの生活習慣が原因で糖尿病を発症する人が多いので、生活習慣を改めるといっても難しいことが多いのです。 現代の食生活は欧米化していますし、気軽に摂取できる出来合いのお弁当やジャンクフード中心の食生活によって糖尿病に拍車がかかってしまうことがあります。

こうした生活を患者さんが自分の力だけで改めるのはとても難しいので、認定看護師の活躍が期待されるのです。 糖尿病は合併症のリスクも高いので、それらの発症を防ぎ、QOLを高める必要もあります。

糖尿病に対処するには、食事療法を行うだけではなく、運動をしたり薬物治療を行うこともあります。 これらの治療を行いながら血糖値を管理し、むくみ対策としてのフットケアも行っていきます。 糖尿病の看護においては合併症をいかに防ぐかが鍵となるので、認定看護師には慎重かつ適確な対応が求められます。

これからも糖尿病患者が増えることが予想されますから、糖尿病認定看護師の活躍の場は広がっていくでしょう。 糖尿病になってしまうと大変ですから、ならないように予防するというのも認定看護師の役割の一つです。

糖尿病は先天性と後天性のものがありますが、どちらにしても合併症を防ぐためのケアが重要になります。 糖尿病の看護を専門的にこれまで行ってきた方や、認定看護師となった方は、活躍できる場所が数多くありますから、自分のスキルを十分に活かせる職場を選ぶと良いでしょう。

↑ PAGE TOP